主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
朝、三毛猫りくのところへ行くと、お母さんキター!
どひゅん。どひゅん。目にも止まらぬ動き。
3071-3.jpg

その勢いで2階にあがり、「なーんなーん」と呼びます。
行ってみると、ワラの上で待ってて、
3071-2.jpg
「これ見て。お父さんがまたなんか作ってくれるよ。」と言ってます。

そしてワラの隣りに置いてある箱に入ります。
3071-1.jpg
「写真ばかり撮ってないで早くなでなさい」と言ってます。

なでようとすると一応匂いをかぐ。なんでかね。
3071-6.jpg



外に出ると、庭の真ん中にオニヤンマが。羽が朝日に輝いてすごく綺麗。
3071-4.jpg
だけど全然飛べなくて元気ない。おなかがペッタンコ。踏まれた?踏まれたなら生きてないわな。
ここは人が歩くし車通るし日なたで暑くなるし、ドウダンツツジの下の日陰に置きました。
3071-5.jpg

そういえばここは、前にぐったりしたコウモリを置いたら夜には元気になったらしくいなくなってた。

オニヤンマは、午後見たらいなくなってた。
サナギから出たばっかしだったのかも。元気になって飛んで行ってたらいいけど。

今日はセミの声もしていた。
気温は35℃。暑すぎるだろう 

もんどとお母さんの苦手な夏が来ちゃったね。
もんどの後ろの魚たちの世話で汗びっしょりのお母さん。
3071-7.jpg
左目の瞬膜がまだ引っ込まないもんど。

早く暑さに慣れないとね。
りくが一番元気だね。

(妻更新)

朝のサンポで畑へ。よその畑みたいに伸びないなあ。雑草はよそより立派だけど。
30625-3.jpg

左目が瞬膜でふさがれて、ひっきりなしにカハッオォエってなって調子が悪かったもんど、今日は病院で薬をもらいました。
瞬膜の薬と血管を広げ血流をよくして呼吸を楽にする薬。効くといいな。

病院ではブルブルガタガタ震えてたもんど。帰ってきたらこのゴキゲン。食欲はあるし機嫌もいいし。
30625-1.jpg


その頃りくは。お父さんに作ってもらった浅いちぐらが気に入って体をこすりつけてます。
30624-2.jpg


見てんじゃないわよ!
30624-1.jpg

(妻更新)
暑いよう。暑いのキライだよう。なんてウダウダ言ってるところに、宅配便が。
ん~、ナニか注文してたっけー。
なんと静岡のシェル友さんからです。

それは、果物の中で私が一番好きな、スモモ!プラムっていうですか。あと紫のタマネギも入ってました。
30619-2.jpg
あと二日ほどで食べ頃ということですが、待てねー!いくつか食べちゃった。少し酸味があるのも好き。

おいしい~!元気出ました。ありがとうございます!
プラムの栄養もですが、暖かい気持ちが心の栄養になります。


卵を何者かに食べられて3度目の産卵のツバメ。
少し前にヒナが孵ったみたいで、親が巣の中に小さな声であやすように話しかけていました。
姿は全然見えなかったけど、今日ヒナが顔を出していました。
30625-2.jpg
少なくとも4羽います。

裏庭のアジサイ墨田の花火に小さいヘビがぶらさがってた。
30621-1_20180624162514908.jpg

不審者の足跡にはとうとうドクダミも雑草も生えません。どんだけ邪気が。
30624-5.jpg


(妻更新)
朝。少し前に親戚からもらった月下美人が咲きそう?なのか咲き終わったのか?
30619-1.jpg
翌日は間違いなく咲き終わってた。やはり真夜中でないと見れないのか。
その向こうでもんどは魚が住んでる睡蓮鉢(睡蓮はいない)の水を飲んでる。その向こうは咲き終わったクジャクサボテン。


この日はもんど、8種ワクチンの日。先生が往診で留守なので帰ってこられるまで時間つぶしに湖へ。
30619-4.jpg
標高は高いけど気温も高かった。暑い。

湖に面したホテルの玄関にいたピレニーズさんにごあいさつ。
30619-5.jpg
こ、こんにちは。

すっげーでっかい。すっげーでっかい。でもおとなしい~。でもこわいから帰るう~。

あいさつを済ませて帰ろうとすると、もっと遊びたいピレニーズくんが「うわん」と一声。もんど、へたっ。
太い声だね。遊ぼう遊ぼうと吠えだしたので、逃げる。さいならー。

この後病院に行って、ワクチンを打ってもらってフィラリアとノミダニの来ない薬をもらって、いろいろ診てもらいました。
左目の瞬膜が目立ってる。健康状態は黄信号。心臓が弱りつつあるそう。
高齢だからねって先生。
暑くなるし、注意しなければ。

注意する=甘やかす=おやつあげる。とならないように、注意せねば。人間を。

(妻更新)
朝、夫が会社に行く前に田んぼの見回りであぜを歩いていたら、突然足元からカモが羽ばたいて逃げていったそうです。
そこには巣があり、卵が6個。

ヒバリの巣はよくあるけど、カモは初めて。



夕方、一緒に見に行きました。
30614-3.jpg

あぜの真ん中あたりです。親鳥の姿は全く見えません。
30614-2.jpg

がーん。何者かに壊されてる。カラスもヘビもいるからなあ。
30614-1.jpg
卵はすっかり冷たくなってました。
もう育てるのはあきらめたようです。

自然って厳しいなあ。

(妻更新)