主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
朝、もんどと畑行って草取りしたり水やりした後、庭いじりして、次はりくをいじくります。

613車庫
りくがいるのは、離れの車庫。二階は20畳くらい。夫の猫ちぐら作り工房と化しており、散らかってるので写真は自粛。
一階は8畳くらい。階段下のスペースがりくコーナーです。冬はホットカーペットを入れたダンボールハウスで寝ます。上の棚にごはんとお水。下にトイレ。棚は4段作り付けてあります。
この部屋にはお米が置いてあり、りくが来てからネズミがいなくなりました。


今は暖かくなったので、二階のいろんな場所で寝てるみたい。ちぐらだったり、ワラの上だったり。

私が車庫に入ると、にゃーーーんと言って、とっとっとっとっと階段を降りてきて、コンクリートの床に転がります。
ブラッシングしてやり、終わると、物足りなさそうにブラシに頭をこすりつけてます。
6月5日


一通りこすり終わったら、次に、このカゴに入ろうとします。
613りく
みかん入れてたカゴだけど、古くなって。何かに使えるかなと、とりあえずここに置いてたら、りくが気に入ってしまって。

りく
うんしょ、うんしょ。



あきらめないりく。 いつか入れる日がくるかな。
5_20170614201621b94.jpg


(妻更新)

空梅雨でしょうか。雨が少なすぎ。

611は
畑が乾き気味です。

皇帝ダリア様も、
6_2017061320023254b.jpg

真ん中に少し緑の部分が残るのみに。ここからの復活は困難と思う・・・
畑の方が栄養豊富で広くて伸び伸びできるかなと思ったけど、目の届く庭の方がよかったかなあ。庭で少し大きくなるまで見守ってから畑に移せばよかった。後悔です。
おいたわしや皇帝ダリア様~。私が至らぬばっかりに。お許しくださりませー。

雨が欲しいなあ。


庭では、数年前植え替えしたら消えてしまったアマリリス。
いつのまにか、植えた覚えのない場所で咲いてました。なーぜーだー。
613アマリリス

思い通りにならないなあ。

(妻更新)



小径というとおしゃれな響きだよね。
この前、キンモクセイの奥の落ち葉をそうじするのに出入りしてたら小径ができたの。
誰だ。ケモノ道だと言うのは。

紫色のペチュニアの左側です。
6月12日2
もんどに入ってもらいました。「行け」と言うと、ハイハイって感じで行きました。

おやおや、中はけっこう広いですぞ。
6月12日4
こらー。マーキングするな。


朝は裏庭が日当たりがいいです。
6月12日1
水路脇の、ど根性咲きのセダムが満開。
この水路を、従妹ちゃんが「せせらぎ」と言いました。美しい響きだ。言霊ってあるよね。
私はヨメに来た時、ドブと言って叱られました(^^)。
川から田んぼに引いてる水路だからきれいな水なのです。

せせらぎ。想いもよらなかった言葉でした。気に入ってます。

(妻更新)
ホームベーカリーでパンを焼いて、
クラフト3

カットして袋詰めしたのを冷蔵庫にしまう時、ちょうどよい箱がないので、作ることにしました。
前に教えてもらって作ったやつを見本にしながら、設計図を描いて。

クラフト1

クラフト2
最後の折り返しが寸足らずになってしまったけど、思うとおりのサイズのカゴができた~。


一度作ると、もう一つ作りたくなるもの。
従妹ちゃんがお仕事休みの時にうちに来てもらって。一緒に作ることにしました。

そして当日。わくわくしながら
Aコーププリンの素でプリンを作りました。昨年採って冷凍しといたブルーベリーと昨年うちの畑で採れたイチゴをソースにして冷凍しといたやつと、庭でできたスイートマルベリー(桑の実)の3種のベリーとミントの葉をトッピングです。
6がつ8の1


従妹ちゃん、我が家は二度目。似たような道があって、迷ってしまう場所です。
しかし一本違う道を入ってしまうことはあっても、反対の道に入った人は初めてです。
スマホで連絡を取り合い、無事到着。
私なんか、センパイの家に行くのに、町ひとつ間違えてしかも携帯忘れてすっごい時間かけてたどりつき平謝りしたこともあります。それに比べたらどってことないよ。

遠い所よく来てくれたね💛
バラの花束とちっちゃな多肉をおみやげにくれました。わーい。こんな入れ物があるんだねえ。
6月8の3

さてさて、さっそくカゴ作りです。いろんなサイズがあるけど、一番大きいやつということで、手提げバッグを作ります。
クラフトテープはもうカットしておいたので、すぐ取り掛かります。時間かかるからね。

6月8の2

互い違いに編んでいくのだけど、どうしても飛ばしてしまうところがあり、何度もやり直します。

手を動かしながら、おしゃべりもします。

子供のころの話。あの時そんなことがあったのー。大変だったねえ。従妹同士だから分かり合えること。私も子供だったから力になれなかった。ごめんよ。頑張ってきたんだね。
子供のころの従妹ちゃんのイメージの話しをしていて、ぱっと言葉が出てこなくて(華麗なる加齢のせい)話が途中になってた。

あのね。とても頭がよくて思慮深そうで。可愛くって。でもはしゃいだところを見たことなくて。どこかナゾめいた子でした。
親戚の人がよく私達を間違えるのが、私には嬉しかったりしたんだよ。私より小さかったから覚えてないだろうな。


それが、最近のことを話してると、意外におっちょこちょいなところがたくさん。
ぜんぜん取っつきにくくなかった。
いろんな発見があって楽しかったな。

で、カゴはとうとう完成せず。持ち帰って続きをすることに。
なのに私が作り方の紙をコピーしてなくて(ドジその1)
私が作ったミニカゴを見本に差し上げました。

気をつけて帰ってねーとバイバイしてから気づいた。
ミニカゴと浅いカゴの作り方を書いておいた紙を渡すの忘れてた(ドジその2)。もー。
やはり私のほうが おっちょこちょいだな。

帰り際の従妹ちゃんの、「実家に来てるみたいだった」の一言にジーンとしてしまったよ。

お互いおっちょこちょいながらも、人生経験は増えたよね。これからはいろんなこともっと楽に乗り越えていけそうな気がするよ。

また会おうね💛

(妻更新)




ツバメ1
巣だった子ツバメ。時々帰ってきては、チチッチチッと鳴いています。なんでかこの子、毛羽立ってボサボサです。かわいい。

親は二度目の卵を産みました。兄弟ができるよ♪



もち米の田んぼの手前に小さな水たまりがあるのですが、そこに、網をくぐって子魚が入り込みます。元の水路には戻れません。
ここである程度大きくなっても、田んぼを干す時に一緒に干魚になってしまいます。

少し大きくなるとすばしっこくてつかまらないので、小さいうちに捕まえて保護します。

6月6日1
こんな小さな水たまりなのに、元気に大きくなるんですね。




6月6日2
ちっちぇえー。1㎝もないです。
ホームセンターで魚の赤ちゃんのエサを見つけた~。
今までは指ですりつぶして与えてたけど、口に入りづらそうだった。これはいいわあ。

大きくなったら川に放流します。


(妻更新)