主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
いつもドタバタしてて、ゆっくり遊んでやれない。

お父さんは猫ちぐら作りをするから、その間、りくはべったり甘える。

お父さんがいつも座ってるイス(ビールケース)の上で待ってるりく。
3022-2.jpg

かわいいなあ~って見てたら、

はよ座れや
3022-3.jpg
と目くばせで命令された。


洗濯物干しに行きたいんだけどな。
はいはい、と座ると、
3022-1_20180202192050ff9.jpg
ひざの上で丸くなって毛づくろいを始めた。

動けないー。洗濯物干せないー。
他にも家事がいっぱい待っているんだよー。

こうして家事はたまっていくのであった。

(妻更新)

一週間前、気温が氷点下の日が続き、道路も雪で真っ白。
ところが数日もすると白い道路一面がうんこ色に
誰がこんなことを。

犯人は必ず見つける。じっちゃんの名にかけて。

って、すぐ判明しました。
渡り鳥の群れ。ツグミが30羽もいただろうか。お向かいの家のユズリハに集まっていました。
何日も居座って道路の真上の電線にズラリと止まって、でっかい鳥だからうんちの量もすごい。

30130-3.jpg



氷点下になる前に鉢植えと、魚がいるスイレン鉢を縁側の下に避難させたけど雪をかぶってしまった。

DSC_2833.jpg


ツグミが居座っている頃、家の裏の水路で、シジミを見つけた。
生きてたので、スイレン鉢に入れようとしたら氷が張ってた。
手でも割れなくて、石でたたき割った。
1_2018020219204973b.jpg

心配だった魚たちは氷の下でも元気で、エサを欲しがって出てきた。かわいいがなー。
30130-1.jpg


そして今日、すっかり氷は解けて、シジミも元気でした。
3022-1.jpg


いつの間にかツグミもいなくなり、道路のうんちも消えました。やれやれ。

(妻更新)

お正月は雪が無くて過ごしやすかった。1月2日の玄関前です。
DSC_2755.jpg


今朝の玄関前
DSC_2832.jpg

さっむっ!

雪は少ないけど氷点下で雪も凍っててサラサラ。
昨日は氷点下6℃くらいだっただろうな。風が強くて、怖い怖いホワイトアウト。
今日は風がないだけ、ましです。


花達は縁側の下に避難させたけど、雪をかぶってしまった。
DSC_2833.jpg

こちら側にはパンジーをいっぱい植えたのだけど。
 ↓ 何がどこに。
DSC_2834.jpg

耐えろよ~。


ちなみに、もんどは暖かい部屋で、りくはペット用ミニホットカーペットを入れたハウスでぬくぬくしています。


(妻更新)

少し前、気温が氷点下になり、庭の魚は、覆ってある板の隙間から、エサを食べるのは見えていたけど、大丈夫かな。

板を全部どかしてみたら、魚は全員元気で、なんとニナ貝の赤ちゃんも元気でした。
31121-2.jpg
ふちに点々と黒く見えるの。前に見た時より大きくなってる。

リビングのメダカはもらってきてから一匹も失うことなく元気。
31121-3.jpg
このメダカが秋に産んだ子供たちは、夜は発砲スチロールで保温して頑張ったけど、残念ながら次々死んでしまいました。


30121-1.jpg
この子たちは元気。カメラを向けたら、石の上にいたサワガニが降りてきました。写りたかった?


もんどは、お母さんが食べてるミカンを狙っています。
ぼくはいいこです。しつこく欲しがったりしません。
31119.jpg

はい、どうぞ。よし。
31119-2.jpg

ぼくはいいこです。がっついたりしません。
31119-3.jpg

いいから食べ~い

目がうるんでるじゃないか。

(妻更新)
猫ちぐら作りをするお父さんのひざの上。
エプロンに包んだ結び目をほどくと、中から出てきたのは?