FC2ブログ

主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
hanakaたんがくれた小さな芽だった花たちが咲き出しました。
イベリスキャンディクイーンと右下の方にピントが合ってないけどビスカリア。
どちらもピンクで可憐です。
3066-7.jpg

こちらは一昨年、かやぶき屋根の旧家の奥方からいただいた八重咲きのドクダミ。地におろすと普通のドクダミと混じり合って一重になったという人がいたので、鉢植えで特別扱いにしてます。
3066-8.jpg

我が家の筆頭ほ乳類もんどと写るのは、墨田の花火。
もう花は咲かないかと思ってたら今年はいっぱい咲きました。
3066-10.jpg
東日本大震災があった年の5月に花屋さんにもらった墨田の花火。もらうことになったいきさつは哀しすぎて書けないです。
その年の6月、初めての東京に、会議で一人で行くことに。夜、神田のホテルに向かう道は節電でどこも暗く。といっても田舎より明るいわ、どこが節電じゃと思ったな。翌朝ホテルを出て神田の細い通りを歩いてると、民家の玄関前で墨田の花火に水をやる人がいて、遠く離れた東京で知り合いに出会ったような気がしたり。
3066-9.jpg


庭の花一つ一つにエピソードがあるね。


ほ乳類ナンバー2の三毛猫りく、私が車庫に入ると、どどどっと二階に上がって、なあ~お、なああ~お、と呼びます。
行ってみると、こんなんなってました。
「いいでしょこれ~。見てみて~」と言っています。
3066-3.jpg
お父さんが作りかけの猫ちぐら、まだ底を立ち上げたばかりの状態が気に入り、りくのためにこれで周りを飾り編みして仕上げてしまおうか、ということになったのを聞いていたのか。

はいはいよかったね。お。ヒザの上に来るか、よしよし。
3066-4.jpg

からの~、やっぱりちぐらの上に戻る。
3066-5.jpg
なんだよ、おい。

(妻更新)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shikanosuke.blog34.fc2.com/tb.php/779-963f901b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック