主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
この寒い時期に生まれたメダカの赤ちゃんは次々死んでいくそうな。
ホームセンターに卵産み付け用の水草を買いに行ったら店員さんが、お客さんがみんなそう言ってるって。

そげな~
かわいそすぎるがな~。


夜がぐっと冷えるようになったので、発泡スチロールの箱にお湯を入れたペットボトルを湯たんぽ代わりにして、子メダカと卵メダカのびんを夜の間入れてます。
291104-1.jpg


それが功を奏したのか、孵化したメダカは8匹になりました。

291102-.jpg
小さすぎて見えないな。
透明でキラキラ光ってます。

一番初めに生まれたのは少し大きく黒っぽくなってます。



光を当てると、まだ孵化してない卵が輝いて見えます。卵の中には目が点々見えます。
291104-2.jpg
早くみんな孵らないかな。

そして、こんなふうに大きくなって、って、この子たちもまだ生まれて3か月くらいなのでは!
1104-3.jpg

恐るべし!メダカの繁殖力。
1104-4.jpg

そんなに繁殖力あるのに、川でメダカを見ることがなくなった。



春に田んぼに入り込んで来て保護したナゾの魚は、近くの川で毎日水を汲んできて水替えしてるのだけど、6月頃に次々死んでいくのだな。なすすべもなく。今、かろうじて6匹が3年くらい生き延びてくれている。
外のつくばいに今年生まれたんが8匹いる。
1105-3.jpg

1105-2.jpg

1105.jpg



先日、川で水くみをしてたら近所のおっさんが、川の水は除草剤が入っとるぞ、と言う。
「!」
それだー。
今の時期は大丈夫だけど、5~6月の田植えの頃、どこも一斉に除草剤を振る。
その頃、たくさんの魚が孵化するから。赤ちゃんの魚は抵抗力がなくて・・・魚がどんどん減っていくんだな。

川の底にびっしりいた赤いイトミミズも全く見なくなったわ。魚たちのエサとなるのに。

(妻更新)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shikanosuke.blog34.fc2.com/tb.php/715-3a4b29e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック