主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
   暑くなりましたねぇ~、みなさんお元気にお過ごしでしょうか?

   昨日の夕方、オドロキの体験をしましたっ!

   田んぼの様子を見に、軽トラで出かけ、ぐるりと回りを歩いて

   さて、帰って夕食を・・・、と思って坂を上がりかけたら、

   田んぼの中で、何やらウニョウニョと動く白い物が・・・・・・・。

   なんだ~? イタチか、ノラ猫か・・・?

   恐る恐るそばに寄ってみると・・・・・、なんと、生まれたての子犬でした~っ!!

   しかし、なんで?、どうして? 田んぼに・・? 

   ノラ犬が産んでいったのか・・・? もう頭の中がパニックになってしまった。

   しかも、その子犬、まだ、目も開いていないし、へその緒も少し残ってるし・・・、

   この炎天下で少し弱っているし・・・・・・・、 うちにはすでに愛犬がいるし、

   などと、頭の中で押し問答をしていて、子犬を見下ろすと・・・・、

   明らかに自分のではない足跡が、たんぼにくっきりと・・・・。

   誰かが捨てて行ったのだ、しかも生まれたての子犬を この炎天下に・・。

   それに気が付いたら、無性にハラが立ってきたっ!

      


   一瞬、わたしも、このまま近くの山へ捨てに行こうか、と考えたが、
   どうしても、自分の手では出来ず、 女将さんに電話で相談。

   女将さんも、“一応、保護しよう、やるだけやってもし、死んじゃったら仕方ないね”
   と言ってくれたので、抱き上げて、(と言っても手のひらほど)帰ろうとしたら、
   さらにもう一匹白い物が、稲の間に見えた・・・・。

   しかし、すでに動きがなく、硬直も始まっていた・・・・・。 むごいよ~~。

   そいつはやむを得ず、林の奥に捨ててきた。

   帰ると女将さんが、牛乳を温めていて、段ボールの箱に、ペットシートと
   タオルを敷き詰めていた。

   子犬を見るなり、ほ乳瓶とミルクを買いに走って、母性本能むきだし・・・・。

   こんな事をするやつは、○刑だ~っ!! と、怒りながらも
   寝ずに子犬にミルクを与えていました。

   どうやら、落ち着いたようで、今はよく眠っています・・・・。

   でも、この先、どうしようかな~、 飼いたい人が見つかればいいのだけど・・・。


   それにしても、絶対にバチが当たるぞっ!!! いや、当ててやるっ、キツ~~いヤツを。

   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shikanosuke.blog34.fc2.com/tb.php/315-0cd167b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック