主水と、りく・・・な日々☆

主水と、りく・・な日々
管理者ページ 
地味な色味の記事が続いたので、華やかな画像を。

香りの良いライラックとスズラン
ライラック



咲き乱れ、乱れてきた花たち。ちょっと手入れしてあげねば。
好きな時期



昨年植えた赤い花が咲きました。一年たつと名前忘れる。
赤い花


(妻更新)
スポンサーサイト
今日は田んぼの畦の草刈り。
夫が血相を変えて、変なモノ見つけた。と言います。
「見たことない!気持ち悪い」

行ってみると、土の中から出てきたという。

温泉卵のまわりがメレンゲみたいな。中の黄色いのが透けて見える。
泡泡でブヨンブヨンでベトベトする。

「お前よく触れるなー」と言ってますが。


泡の卵?
不気味


トラクターにふまれない位置に埋めて、草でおおっておきました。


調べたら、シュレーゲルアオガエルの卵だそうです。
中に黄色い小さい卵がいっぱい入ってるらしい。

(妻更新)
強風や騒音のストレスで頭と内股に十円ハゲができた三毛猫りく。

毛が生えてきた。すっかりよくなりました。

今日は休日で猫ちぐら作りして遊ぶお父さんにべったり甘えてます。
28429準のひざ
りくが乗るので、きちんとひざをそろえて。座りにくそう(^^)。


準ひざ
ゴーロゴ-ロ言いながら、前足グーパーグーパー。


(妻更新)



抱卵中のツバメを狙ってカラスが来る。
抱卵中の巣の手前にある、もうひとつの空いた巣が落とされてた。
カラスって、巣まるごと掴んで落とすからなあ。ゾッとする。

今朝はツバメが大騒ぎするので出てみると、5羽のカラスが隣家の屋根から狙っていた。
ほうきを振り回して暴れるワタシ。アブナイおばさん。
そのほうきを入り口に立てかけておく。少しでも抑止力になるかな。

その後、洗濯物を干していると、巣に親がいなくて静かだ。いやな予感。
天敵はカラスだけではない。ノラ猫やヘビ、スズメ。



軽トラの荷台に乗ると手の届く所だから、スマホをかざして写メ撮ってみる。便利だなスマホ。

つばめたまご5

おお-。ボケてるけど卵は無事~。そして増えてる。よかった。



軽トラから降りて、再び洗濯物を干していると、親ツバメが帰ってきた。
見つかるところだったぜい。ギリギリセーフ。

温めだした。ほっ。
つばめ抱卵


もう一羽来た。なんかおしゃべりしてる。
ツバメ抱卵2羽


(妻更新)

朝さんぽしてたら、すっかり野生化してる耕作放棄地の中から、キジの声が聞こえた。
キジの声
声だけ。 姿見せまくりなのはカラスだけ。


うちに帰って、庭の奥に生えてる草をたべるもんど。
奥庭


芝桜
おいしそうだねえ。
これじゃあ草取りできないねえ。


(妻更新)


昨年からそのままにしてある車庫の中のツバメの巣、ちょこっとだけ修復してすぐ卵を産んでました。
28424ツバメ卵
親ツバメが留守の間に急いで撮りました。見つかると巣を放棄するかもしれないので、もう巣の中はのぞかないようにします。

今のところ卵はふたつ。少しずつ産むのだと思う。


こちらは三年前に田んぼで捕獲した魚。
sakana_201604251936547ee.jpg

田んぼの水を止めると干上がってしまうので、保護しました。はじめメダカだと思ってたらどんどんでっかくなって、8㎝くらいに。
ピラニアのようによく食べます。
1~2日に一回、近くの川の水を汲んできて水替えします。空気を送るポンプは使っていません。

水替えは大変だけど、情が移ってしまって放せません。


(妻更新)

裏庭のユズリハ。正月のしめ縄作りに欠かせない。以前は何軒かのご近所のユズリハをもらいに行ってたけど、みなさんご高齢だったので、お亡くなりになり困っていたところ、鳥さんが種を運んできてくれたようで、裏庭の絶妙な場所に生えてきました。数年ですぐ大きくなった。
2月か3月に思い切り短く剪定しても、もうこんなに葉が茂る。剪定しなかった枝には花がついてた。
庭ユズリハ
ユズリハの隣には、これも鳥さんが種を運んでくれたらしいサンショの木。鳥さんありがとう。


ど根性ニンジンから落ちた種からも芽が出てだいぶ大きくなってる。
どニンジン


表の庭のブロック塀の下は、十二単がまっさかり。
28423十二単ともんど

十二単


そしてこっちこっち。
28423もんど


こっちはブルーベルが咲き出した。
ブルーベル
ブルーベルのそばには雑草を生やして、

りくが食べる用。
28424草食べる


(妻更新)
一晩お風呂に浸かって芽を出した種モミ。
芽出た

新聞紙に広げて水分を取ります。
その間、ミニミニハウスを作ります。米の苗専用のハウスではなく、野菜用だけどちょうどいいサイズだったので。


苗箱一箱あたりスコップ3杯の土(ホームセンターで買った米のモミ専用の)を均一に入れ、その上に種モミを一箱あたり500cc蒔きます。種モミはチリトリに移して、パラパラ均一均一に。
ほんとはやりたくないけど、病気予防に薬剤を少し振り、また土をスコップ2杯種モミが隠れるくらい均一にかぶせます。
集中して一気にやったので写真撮るの忘れた。


スズメが種モミを食べようとずっと狙っているので、すぐミニミニハウスに入れます。
ハウスにかぶせたビニールが、せっかく均一にした土とモミに当たるといけないので、箱の両側にカバーを置きます。

紙パックのお酒の空き箱を切って作ります。作る間、もんども庭で遊びます。手伝ってはくれません。
28422のもんど




苗箱のヘリに半分に切った紙パックをセットして、完成。
種蒔いた



ビニールの上には寒冷紗、両側の入り口にはスズメよけのアミ、そして全体にブルーシートをかぶせ、重しにブロックを置き、クイにしばりつけてあります。
これから毎日、温度を一定にするのに朝晩の気温の変化や、日差し、雨、風など天気に応じて、入り口を開けたり閉めたり、気を抜けません。
苗ハウス
南側のブロックはシートを開閉できるようにしばりつけてはありません。


(妻更新)

約7日間、モミを水に浸して水温積算温度80~100℃になるよう、毎日温度を計ります。

んがしかし、気温の高い日が続いたので、6日目で積算120℃くらいになったかもしれない。ひ~。

ので、次の手順に移ります。

催芽 32℃のぬるま湯に一晩モミを浸して芽を出します。保温機なんてないので、お風呂で一晩ぬるま湯に浸します。
だんだん冷めるので、少し温度を高めに。ちょっと高いなー。
催芽
スマホをお風呂に落とさないよう注意して撮ったら、前足が写り込んでしまった。



あれから、りくは内股にもハゲができてしまった~。
内股ハゲ
どうなる、りく。


(妻更新)



種モミの水かし2日目、デジタル温度計が動かなくなって困ったな。

室温を計る板のアナログ温度計を水に突っ込んでみた。

計れる。やったー。スイッチも電池もいらない。ビバアナログ

3日目、水を替えた。温度計突っ込む。
なにげにデジタル温度計も入れてみた。なぜか復活
モミ水かし




昨日はその前の晩から一日中暴風だった。
少し前から10円ハゲができてたりくは、

りくはげ
ハゲが大きくなってるー

どうなる。りく!


(妻更新)
田植えに向けて、もち米の苗を作ります。
モミから苗作りは3年目。味噌造りもだけど、年に一回のことって一年たつと忘れる

まず、塩水選。タライに水を10ℓ、塩1.5㎏を入れてよく混ぜる。
大ザルを入れてモミを入れ、浮いたのはすくい取る。
苗作る

沈んだのを選んで、よく洗って塩分を落とし、乾燥する。
(浮いたのも洗って乾燥、これは精米して食べる)
苗造り
新聞紙を敷くと、よく水を吸ってくれる。少ししたら乾いた新聞に取り替え、一晩風通しのいいとこに置く。
スズメよけもかぶせて石乗っける。



翌日、湯温消毒
湯をいっぱい沸かしてポットに入れておく。
耐熱バケツに60℃以上のお湯を作り、ネットに入れた選別モミをつける。
ポットのお湯を足しながら60℃以上を保ち10分間。
苗作ろ
この温度計の使い方がよくわからない。右の83℃が何なのか。ま、いいか。

10分後、別に用意した冷水を入れたバケツにモミを浸す。

モミに酸素を供給するため、約一週間水に浸す。←水かし
毎日温度をチェック。積算温度10~15℃で。積算80~100℃。
水替えは2~3日に一回、古い水は残さないよう。水温低すぎないよう。

水温、昨日は17℃、今日20℃だった。

そして温度計が壊れた。 


続く。


(妻更新)
三毛猫りく、頭に10円ハゲが!
はげ
毛をかきわけると、けっこうなハゲ。

一晩中強風が吹くなど、大きな音が続いたりするとストレスでハゲます。

今日も夜になって変な風が吹いてきた。雨も降るらしい。
大きな地震があった九州が心配です。



(妻更新)
毎年、雪のある寒い時期に味噌造りをするのだけど、今年は施設使用の申し込みが遅くなって
4月になってしまった。
もし失敗したら・・・と思って2月に米麹と大豆を買って自宅で少しだけ作りました。

そしてやっと本格的な味噌造りに取りかかり、できました。
うちで作ったハデ干しひとめぼれ2斗(30㎏)の米とぎから始めて
2日目は米を蒸して、糀菌を混ぜ、向こうに見える発酵機に入れます。
味噌糀
一緒に味噌造りしてるおばちゃんのお手々です。


3日目発酵機の中の米糀を、午前と午後混ぜ混ぜして
地元産の大豆8㎏を洗って水に浸します。


4日目、大豆を圧力ナベで煮ます。
味噌圧ナベ
沸騰するとブシューッと汁が吹きこぼれて怖ろしい光景になるので注意です。
今回は目を離さないよう注意して沸騰前にツマミを回して閉じました。グッジョブ。
目盛りをレッドゾーンにブチこまないよう繊細に火を調節します。


煮る間に、大タライに米糀と塩8㎏を混ぜ混ぜします。


大豆が煮えたら冷まして米糀に混ぜ、機械でミンチにします。
味噌ミンチ
おなか減ってきて味噌がモンブランケーキに見えてくる。


できた~。60㎏。
味噌たる
カビがこないようにこの上にぴったりラップをして保管します。


これが終わるとほっとします。やれやれ。
食べられるのは半年後。

(妻更新)



朝の散歩中、通りかかった田んぼ。草にかかった露が朝日を浴びてきれいだったので、撮りました。
もん田くさ

通りかかった花壇のチューリップもきれいだったので以下同文。
もんチュー


庭。秋に植えたパンジーの花が少しづつ咲きだしました。
庭はな
プランターの並べ方に悩みます。


庭をいじっていると、にゃーん❤とりくが呼びます。
行って見ると、タタタタと走ってドサッとワラに乗り、なでろと言います。
乱暴になでたらワラのすき間にはまってしまった。
りくはまった
そのまま動かない。気に入ったようです。

(妻更新)


ブロッコリーが。

もんどブロッコリー



(妻更新)
庭小チューリップ
咲いてみたら小さかったチューリップが、なんと!!

二段重ねに!!
ちゅーりっぷ


ちうりっぷ

お得感いっぱいなチューリップでした。


暖かくなって活発に遊びたいりく。
野生動物のように隠れているつもり。
りくかくれ

りく「むふふ、見つけられまい。」
りくむふん

隠れおおせているつもりである。

楽しそうだね。


(妻更新)